hoz blog

営業からSEに転職した文系エンジニアです。プログラミングと趣味の株に関してブログを書いていこうと思います。

JavaScriptの関数とは<JavaScript勉強中>

繰り返し利用するコードは関数として1か所にまとめて定義しておくことで、

使いまわしましょう!

 

◆関数とは・・

与えられた入力に対して何らかの処理を行い、その結果を返す仕組みを関数といいます。

開発者が独自で定義した関数のことをユーザー定義関数といいます。

 

◆関数の定義の仕方は4つ!

ユーザー定義関数を定義する方法は、以下の4つがあります。

・function命令で定義

・Functionコンストラクター経由での定義

・関数リテラルで定義

・アロー関数で定義

 

function命令で定義することが個人的には多いです。

せっかくなので全部確認していきましょう!

・function命令で定義

○構文

function 関数名(引数, ..) {
  処理;
 return 戻り値;
}

引数:関数の挙動を決めるためのパラメーター。

   呼び出し元で値を指定します。

 

戻り値:関数で処理した結果を呼び出し元に返す際の値です。

    returnで値を返します。戻り値が必要ない場合には省略可能です!

 

では実際に使ってみます!

f:id:takanori5:20170130204442p:plain

Functionコンストラクター経由での定義

続いてはコンストラクター経由での定義方法を見ていきましょう!

JavaScriptでは組みこみオブジェクトとしてFuctionオブジェクトが用意されています。

このオブジェクトのコンストラクターを利用することでも関数を定義可能です。

○構文

var 変数名 = new Function(引数, ..., 関数の本体);