プログラミングと旅と映画の日々

食品の営業からSEに転職した文系エンジニアです。 プログラミングと趣味の株に関してブログを書いていこうと思います。

【映画】「8年越しの花嫁」を観てきました【感想】

こんばんは

会社の選べるクラブという福利厚生を用いて

映画の引き換え券を5枚

安価で手に入れました。

f:id:takanori5:20180207115236j:plain

そのため、手始めに

「8年越しの花嫁」を観て参りました。

 8年越しの花嫁の感想

まず、結論から申しますと

名作でした。

26にして本日初一人映画だったせいもあるのか

自分でも驚くほど号泣しました。

10分置きぐらいに泣きまくっていた気がします。

 

皆さんにも是非観ていただきたいので

内容は伏せますが

この話が実話であるという点がすごいです。

 

タイトルの通り

婚約して8年越しに結婚式をあげることになるのですが、主人公の男性の果てしない愛が素晴らしいです。

 

映画の割と序盤、

プロポーズしてすぐ

彼女が植物状態になります。

 

6年して意識を取り戻したものの、知恵が幼児と同じ状態になり、

徐々にまともに会話できるようになります。

両親や友達のことは覚えているのですが、

婚約者である主人公の記憶だけがありません。

7年目あたりでようやく主人公に覚えていないことを伝え、

このまま一緒にいても君を苦しめるだけだと

主人公は別れを告げます。。

クソ男前です。。

 

こんな感じで話が進むのですが、

最後にはハッピーエンドで終わりました。

 

2016に、現実でお子さんにも恵まれ仲良く暮らしている写真がエンドロールに流れました。

 

最高の映画です。

久々にいい映画に出会いました。

関連

takanori5.hatenablog.com