プログラミングと旅と映画の日々

普段はスマホ決済サービスのバッグエンドを担当しているエンジニアです。プログラミングと趣味の映画、株、時々うどんに関してブログを書いていこうと思います。海外ドラマ、クロスバイクも好きです。

【映画】「散り椿」を観てきました【感想】

岡田准一主演の映画 散り椿の感想

f:id:takanori5:20180930170946j:plain

 

こんにちは

前々から気になっていた岡田准一主演の映画 散り椿を本日観てきました。

 

ただ愛のために…

というCMが気になっていました。

f:id:takanori5:20180930171020j:plain

同じような系統では、数年前に市川海老蔵主演の一命が記憶に残っており

とてもいい映画でした。

 

散り椿のあらすじ

享保15年、藩の不正を告発した瓜生新兵衛(岡田准一)は、追放の憂き目に遭う。藩を追われた後、最愛の妻・篠(麻生久美子)は病魔に侵され、死を前に最後の願いを夫に託す。それは、かつては新兵衛の友人で良きライバルでもあり、篠を奪い合った恋敵でもあった榊原采女(西島秀俊)を助けてほしいというものだった。

解説・あらすじ - 散り椿 - 作品 - Yahoo!映画

 

散り椿の感想、レビュー

「ただ愛のために」というフレーズにあるように

岡田純一演じる新兵衛が妻であるしのを愛し、妻からも愛されていたのかが

冒頭5分ほどの演技だけで伝わってくる名演技っぷりでした。。

 

また、黒木華の演技力も凄すぎました。

彼女のことをこの映画で初めて知りましたが、この時代の日本人女性らしさ?のようなものがかなり伝わってきて

一歩下がって男性を立てる仕草などが素敵でした。

f:id:takanori5:20180930171820j:plain

 

この作品は岡田准一演じる新兵衛の愛の表現だけでなく、西島さん演じる采女の愛の表現など、キャスト達の名演により言葉に出さなくても伝わってくるような愛の形が表現されています。

観ていて、ただただ美しいと感じる素敵な時代劇で、何度か泣いてしまうぐらい感動するシーンがありました。

 

久々に素敵な時代劇を観れて幸せでした。

takanori5.hatenablog.com