プログラミングと旅と映画の日々

食品の営業からSEに転職した文系エンジニアです。 プログラミングと趣味の株に関してブログを書いていこうと思います。

【Docker】Automated Build(自動build)の設定方法【入門】

DockerのAutomated Build(自動build)の設定方法

f:id:takanori5:20181028132956p:plain
Automated Build(自動build)を設定していきます。

まずはgithubやbitbucketなどのホスティングサービスとリンク設定を行います。

githubとdockerhubをリンクする方法

まずはdocker hubにいきます
右上の
Create>Create Automated buildを選択します。
f:id:takanori5:20181111131155p:plain

クリックすると、githubとリンクしていない場合は
以下のような画面が出ます。
f:id:takanori5:20181111131329p:plain

ではLink accountsをクリックしましょう!!
f:id:takanori5:20181111131639p:plain

githubとリンクしたい場合はlink githubをクリック!!
f:id:takanori5:20181111131807p:plain
2つの選択肢が出現しました。

上はpublicとprivate両方のリポジトリに権限を与えるもの
下はpublicのみ参照権限を与えるものです。
特に理由がないなら推奨されている上の連携方法を選びましょう。
githubリポジトリを持っていない場合事前に用意しておきましょう!)
f:id:takanori5:20181111132039p:plain
上の画面にてAuthorize dockerをクリックすれば連携完了となります。
f:id:takanori5:20181111132259p:plain
簡単ですね!

続いてautomated buildの設定を行います。

Dockerhubのautomated buildの設定方法

右上のCreate>Create automated buildをクリックします
すると以下の画面が出ます。
f:id:takanori5:20181111133138p:plain

create auto build githubをクリック
するとgithubリポジトリが連携されており一覧表示されていますね。
f:id:takanori5:20181111133326p:plain
設定したりリポジトリをクリック!
f:id:takanori5:20181111133422p:plain

ここで設定を行うことで
設定したリポジトリに変更があった際にイメージを自動ビルドします。
入力値はとりあえずデフォルト値のままCreateをクリックします。

リポジトリが作成され、設定内容が表示されました。
簡単ですね。
f:id:takanori5:20181111135444p:plain

webhookタブで設定を行うと、ビルドが行われた際に
設定した先に通知を行うことも可能です。
いいですね!
f:id:takanori5:20181111135721p:plain