プログラミングと旅と映画の日々

食品の営業からSEに転職した文系エンジニアです。 プログラミングと趣味の株に関してブログを書いていこうと思います。

【Docker】githubへのビルドコンテキストのpushに伴うAutomated buildを実践【入門】

githubへのビルドコンテキストのpushに伴うAutomated buildを実践してみる

f:id:takanori5:20181028132956p:plain

Automated buildの設定方法

前回の記事
takanori5.hatenablog.com

Automated buildを実践

前回の設定に基づき、githubにビルドコンテキストをpush
それに伴うAutomated buildを見ていきます。

githubへのビルドコンテキストのpush

まずは空のリポジトリにDockerfileを作成していきます。
適当なDockerfileを作成

$ cat Dockerfile
FROM dockersamples/static-site
ENV AUTHOR="takanori5"

これをgithubにpush して見ます。

$ git push origin HEAD
Counting objects: 3, done.
Delta compression using up to 4 threads.
Compressing objects: 100% (2/2), done.
Writing objects: 100% (3/3), 270 bytes | 0 bytes/s, done.
Total 3 (delta 0), reused 0 (delta 0)
remote:
remote: Create a pull request for 'master' on GitHub by visiting:
remote:      https://github.com/takanorihozumi/DockerAutomatedBuild/pull/new/master
remote:
To https://github.com/takanorihozumi/DockerAutomatedBuild.git
 * [new branch]      HEAD -> master

すると、もともと以下のような状態だったDockerhubのリポジトリ
f:id:takanori5:20181111141916p:plain
以下のように追加されていることがわかります。
まだステータスがQueuedですね
f:id:takanori5:20181111142033p:plain
しばらく待ちステータスがSuccessとなればビルド完了です。
f:id:takanori5:20181111142213p:plain

試しにDockerhubからイメージを取得して見ます。
取得できました!

 docker pull takanori5/dockerautomatedbuild
Using default tag: latest
latest: Pulling from takanori5/dockerautomatedbuild
fdd5d7827f33: Already exists
a3ed95caeb02: Already exists
716f7a5f3082: Already exists
7b10f03a0309: Already exists
aff3ab7e9c39: Already exists
Digest: sha256:29e35b7bdda590d8a3e6f78e22871e5aff1f90ce5bd6e52de2497313bb574617
Status: Downloaded newer image for takanori5/dockerautomatedbuild:latest