プログラミングと旅と映画の日々

普段はスマホ決済サービスのバッグエンドを担当しているエンジニアです。プログラミングと趣味の映画、株、時々うどんに関してブログを書いていこうと思います。海外ドラマ、クロスバイクも好きです。

【映画】「グリーンブック」を観てきました【感想】

映画「グリーンブック」の感想

f:id:takanori5:20190331191856j:plain

私は実話ものの感動系が好きなのですが

フィルマークスの点数も高かったので、

週末に運び屋と連日映画を観てきました。

takanori5.hatenablog.com

あらすじ

人種差別が色濃く残る1960年代のアメリカ南部を舞台に、黒人ジャズピアニストとイタリア系白人運転手の2人が旅を続けるなかで友情を深めていく姿を、実話をもとに描き、第91回アカデミー作品賞を受賞したドラマ。1962年、ニューヨークの高級クラブで用心棒として働くトニー・リップは、粗野で無教養だが口が達者で、何かと周囲から頼りにされていた。クラブが改装のため閉鎖になり、しばらくの間、無職になってしまったトニーは、南部でコンサートツアーを計画する黒人ジャズピアニストのドクター・シャーリーに運転手として雇われる。黒人差別が色濃い南部へ、あえてツアーにでかけようとするドクター・シャーリーと、黒人用旅行ガイド「グリーンブック」を頼りに、その旅に同行することになったトニー。出自も性格も全く異なる2人は、当初は衝突を繰り返すものの、次第に友情を築いていく。 

www.youtube.com

 

感想

フィルマークスの評価通り、黒人差別というかなり重い内容の割には

笑える部分もあったりと観やすい作品で面白かったです。

 

当時のアメリカの黒人差別は異様で、たとえ有名なピアニストであろうと

普通のレストランやbarに入っただけでボコボコにタコ殴りにあったり、

お店にそもそも入れてもらえなかったりします。

また、ピアニストとしてショーに招待されているにも関わらず、その会場のレストランにすら入れなかったりと

あまりにもひどい扱いを受けます。

主人公のドライバーを務めた白人も、当初は黒人を卑下していましたが、

上記のような境遇を共有することで、だんだんと価値観が変わり、

最後には親友になります。

 

かなりの感動作でした。