プログラミングと旅と映画の日々

普段はスマホ決済サービスのバッグエンドを担当しているエンジニアです。プログラミングと趣味の映画、株、時々うどんに関してブログを書いていこうと思います。海外ドラマ、クロスバイクも好きです。

【映画】「ボヘミアンラプソディー」を観てきました【感想】

Queenのフレディーの映画「ボヘミアンラプソディー」の感想

 

f:id:takanori5:20181209143519j:plain

ボヘミアンラプソディー

Queenを知らない若い世代にも人気で話題の映画

ボヘミアンラプソディー」を観てきました。

ボヘミアンラプソディーのあらすじ

世界的人気ロックバンド「クイーン」のボーカルで、1991年に45歳の若さでこの世を去ったフレディ・マーキュリーを描いた伝記ドラマ。クイーンの現メンバーであるブライアン・メイロジャー・テイラーが音楽総指揮を手がけ、劇中の楽曲には主にフレディ自身の歌声を使用。「ボヘミアン・ラプソディ」「ウィ・ウィル・ロック・ユー」といった名曲誕生の瞬間や、20世紀最大のチャリティコンサート「ライブ・エイド」での圧巻のパフォーマンスといった音楽史に残る伝説の数々を再現するとともに、華やかな活躍の裏にあった知られざるストーリーを描き出していく。

 

正直CMをみた限りではQueen興味ないし、みなくていいかな。。

って思っていました。

ただあまりにも評判がいいと耳にするので

週末にトーホーシネマズ六本木までみに行ってきました。

 

ボヘミアンラプソディーの感想

まず、結論からいうと最高の映画でした。

ライブをみているような興奮もありながら、フレディーの物語に感動して泣けました。

お父さんが、

フレディーに昔から「善き考え、善き言葉、善き行い」をしろと執拗に言っていました。

フレディーはそれを言われて「それで良いことあったの?」と

舐めきった態度をとります。

しかし、Queenとして売れて、最後には世界最大のチャリティーライブイベントである

ライブエイドに出演します。

そのことを父に伝え、「ライブエイドの出演者は誰も出演料を取らない。善き考え、善き言葉、善き行いだ」

と父に良い放ち

抱きしめ合う姿が最高でした。

 

何よりライブの描写がかっこよすぎる映画でした。

彼がいきている内に彼の生ライブがみたかった...

 

takanori5.hatenablog.com

 

takanori5.hatenablog.com