プログラミングと旅と映画の日々

普段はスマホ決済サービスのバッグエンドを担当しているエンジニアです。プログラミングと趣味の映画、株、時々うどんに関してブログを書いていこうと思います。海外ドラマ、クロスバイクも好きです。

【映画】「ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー」を観てきました【感想】

ドラゴンボール超(スーパー) ブロリーの感想

f:id:takanori5:20181229171853j:plain

アニメ映画は普段あまり観ないのですが、フィルマークスのレビューで「ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー」を確認したところ

評価が4.0以上ありました。

現在のフィルマークスは、口コミ件数も非常に多く、

映画を見る上でかなり信頼度が上がってきました。

4.0を超える映画はほぼ間違いなく面白いです。

 

そのため、年末の休暇の初日に早速映画館へと足を運びました!!

 

あらすじ

鳥山明原作の大人気アニメ「ドラゴンボール」シリーズの劇場版20作目となる記念作品で、2015~18年に放送されたテレビアニメ「ドラゴンボール超(スーパー)」を映画化。15年の劇場版「ドラゴンボールZ 復活の『F』」同様に、鳥山が自ら原作・脚本・キャラクターデザインを担当した。「力の大会」が終わり、宇宙にはまだまだ見たことのない強者がいることを知った悟空は、さらなる高みを目指して修行に明け暮れていた。そんなある日、悟空とベジータの前に、見たことがないサイヤ人ブロリーが現れる。地獄から再び舞い戻ったフリーザを巻き込み、悟空、ベジータブロリーという3人のサイヤ人の壮絶な戦いが始まる。

www.youtube.com

ドラゴンボール超(スーパー) ブロリーの感想

今回私は4D版でドラゴンボールを観ました。

この映画の醍醐味は映画全体の8割ほどを占める戦闘シーンです。

すごい迫力なので、これから観る方は是非4Dでご覧頂きたいです。

 

悟空やベジータブロリーが殴り合ったり地面に叩きつけられるたびに

席が激しく揺れます。

前述した通り、映画全体の8割が戦闘シーンなので

ほぼ揺れっぱなしです。

f:id:takanori5:20181229173324j:plain

私はドリンクを買っていたのですが、吹き飛びそうだったのでずっと手で押さえつけておきました。

 

さて、映画の内容についてです。

まず冒頭の30分ほどが個人的に大好きな内容でした。

ベジータや悟空がどうやって生まれたのか、フリーザサイヤ人の関係などが描かれており、ドラゴンボールを少しでも知っていれば

胸が熱くなるようなお話でした。

 

また、ベジータが生まれるのと同時期にブロリーも生まれるのですが

ベジータよりも戦闘力が高いことをベジータの父が知り、

過酷な惑星へ惑星流しにされます。

そのことに怒ったブロリーの父が、ブロリーとともに復讐しようとするエピソードです。

 

惑星流しのあとはブロリーが成長して、現在の悟空とベジータに勝負を挑み

そこからはずっと戦闘シーンです。

 

誰にでもシンプルに内容を理解できるエピソードのため、

深く考えずシンプルに戦闘シーンを楽しめる

爽快感のある映画で、割と良かったです。

 

4Dでアトラクション感覚で観るのにぴったりな映画でした!

 

takanori5.hatenablog.com